« 核武装論議 | トップページ | 実現できなくても議論は出来る »

2006年10月19日 (木)

都合の良い主張

7割以上が「中日関係は重要」と回答 靖国問題が障害(朝日新聞より)

タイトルだけを見ると、日中関係の重要性を訴えるような書きぶりですが、なんだか政治的な意図を感じます。

それを述べる前に、この調査結果は、サンプル数に問題があります。
3000人弱の人に調査をしたとのことですが、中国の人口は13億ほどいるわけですから、40万人に1人が参加したイメージです。

これじゃあ、いくら何でもサンプルが少なすぎるのではないかと思います。
それだけのサンプルで、果たして、中国人全体の意見のような書き方をしてよいのかという問題です。

次に、その3000人弱の人の選び方の問題です。
もちろん、サンプルが少なくても、その人達が本当にランダムで選ばれていれば問題は少ないのですが、実際にはインターネットを使える人だけが対象になっているという点で、ランダムでは選ばれていません。

また、調査の実施主体が、意図的なサンプルの選定(アンケート実施の告知を特定の人にだけ行うなど)を行っていると思われること。(これは私の想像ですが)

以上から、この調査自体の有効性が疑問なのですが、その疑義のある結果を使って都合の良い主張をしているように見えるのです。

まるで、中国が日本に友好的な態度を取ろうとしているのに、日本の方がそれを妨げていると言わんばかりの書き方です。

公平・中立を標榜するのであれば、是非とも、中国による度重なる領空侵犯、潜水艦による領海侵犯、日中境界線付近での排他的な油田発掘、外交官に対する接遇義務違反がどれだけ日本に脅威を与えているかということも報じてもらいたいものです。

|

« 核武装論議 | トップページ | 実現できなくても議論は出来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167984/3887705

この記事へのトラックバック一覧です: 都合の良い主張:

» チベット人虐殺動画 [神のいどころ]
静寂のエベレストで次々と倒れていくチベット人 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 02時10分

« 核武装論議 | トップページ | 実現できなくても議論は出来る »