« 大国としての自覚 | トップページ | 生きる »

2006年11月 3日 (金)

アンケートの有効性

さよなら絶望官僚様の記事より

中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?(毎日新聞より)

(引用開始)今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。 あたりまえの話だよね。メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな。(引用終了)

自分で行ったアンケート結果の有効性を自分で否定されてしまうと、「アンケート、お疲れ様でした。」としか言えません・・・。

ただ、このアンケートの質問項目の立て方が変です。日本の中国や韓国に対する態度は友好そのものなので、「仲良くした方がよい?」と聞くこと自体がおかしい。

いつ、日本が中国や韓国に対して敵対的な行動を取ったというのでしょうか。

日本は、中国や韓国に対して友好的な態度を取り続けているのに。

むしろ、中国の覇権主義こそ、やめるつもりがあるのかどうかを中国人に聞いて欲しいですね。

|

« 大国としての自覚 | トップページ | 生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167984/4027145

この記事へのトラックバック一覧です: アンケートの有効性:

» ▼ 学校選択制が教育現場を変える [最新ニュースから]
首都東京で,入学する生徒がゼロという学校が毎年のように出ている。 少子化によって子どもの数が減ったということもあるが 公立の小中学校で自由に学校を選ぶことができる「学校選択制」が導入されて 入学希望者が殺到する学校がある一方で 希望者が全くいないという学校まで生まれてきている。 この「学校選択制」,...... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 12時15分

» アンケートに答えて豪華商品!これも生活改善! [生活改善計画★生活改善で稼ぐ★もてる★幸せになる★]
CREST生活アンケートとは、マーケティングリサーチ会社【ジャパン・クレスト】が運営するサイトです。インターネットでのアンケートにご回答頂けるモニターの方々を募集しております。アンケートに答えて、無料商品やモニターになりましょう。以上お得な生活改...... [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 00時37分

« 大国としての自覚 | トップページ | 生きる »