« 歴史は繰り返す | トップページ | 政治主導 »

2006年12月 1日 (金)

逃げた人達

中国残留孤児訴訟、神戸地裁が国に賠償命令(読売新聞より)

裁判長の言われるとおり、本来司法に委ねるべき問題ではありませんでした。

そもそも、中国残留孤児と言われる人達は、国民を守るべき軍隊が真っ先に逃げたために中国に取り残されてしまった人達なわけであって、この人達に対して当然に国は謝罪義務があるでしょう。

もちろん、敗戦後の混乱で十分に国は対応できなかったということはあるでしょうが、シベリアに抑留されたり、無事に戻って来れなかったりということは、基本的に、関東軍が真っ先に逃げたことがその原因と言えるはず。

実際、軍人、軍属、一般人の順に日本に帰国したと言われていますから、何のための軍隊だったのかと。

裁判では、国が自立支援義務を有していたことが認定されていますが、それ以前の問題として、一般人を放ったらかしにして、真っ先に逃げた軍隊が責任を問われるべきでした。

このような恥ずかしい問題は、最高裁まで争うのではなく、安倍さんの指示のもと、国が早急に補償をするべきことだと思います。

少なくとも、小泉さんならそうされるだろうな。

|

« 歴史は繰り返す | トップページ | 政治主導 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167984/4388203

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げた人達:

« 歴史は繰り返す | トップページ | 政治主導 »