« 選ぶ | トップページ | 改革 »

2006年12月12日 (火)

愛国心

中国残留孤児訴訟、国が控訴…神戸地裁判決に不服(読売新聞より)

地裁判決に不服ということですが、何が不服なんでしょうか。

この財政難の折に、4億6000万円も払えないということなのでしょうか。

もっと法律的な話で、旧憲法下で生じたことについて今の政府は責任を負わないということなのでしょうか。

あるいは、帰国支援義務などというものは、そもそも存在しないということなのでしょうか。

安倍総理が、今回の控訴のことを本当に了解されているのか心配です。

もし御了解されているとしたら、是非ともお聞きしたいものです。

国が国民を愛してくれていないのに、国民に国を愛せよと言っても駄目なんじゃないかと。

|

« 選ぶ | トップページ | 改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167984/4507703

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国心:

» 政治的価値が違うとでも? [非国民通信]
残留孤児訴訟、国が控訴 孤児側に怒りの声  中国残留日本人孤児に対する国の賠償責任を認めた1日の神戸地裁判決を不服として、国は11日、大阪高裁に控訴した。  神戸地裁判決では、国が残留孤児を日本人と認めず、日本の家族の身元保証なしに入国を許可しなかったため、永住帰国の遅延を余儀なくされたとし、「違法な行政行為」と判断。また、北朝鮮の拉致被害者に対する日本語習得や就職の支援策と比べて「極めて貧弱」と断じた。  国側は、入�... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 22時57分

« 選ぶ | トップページ | 改革 »