« 愛国心 | トップページ | 記念行事 »

2006年12月14日 (木)

改革

タウンミーティング、政府が担当室廃止へ (読売新聞より)

担当室が廃止されることになりましたが、そもそもタウンミーティングなど、小泉政権が終わった時に廃止すべきものでした。

それはそれとして、今回の問題が起きた背景には、「やらせ」をしようという意図があったというよりも、大臣が出席する会議で粗相があってはならないという意識が強すぎたということかと思います。

大臣が出席する会議で抗議の声が上がったり、質問が出なかったり、参加者が少ないといったことがあってはならないと、どの省庁の人もそのような教育を受けているはずなので、その思いから、全て準備してしまうのが常態化してしまっていたのでしょう。

いずれにしても、一連の事件で公務員のイメージがまた落ちましたが、今回の事件が行政府に与えた影響自体は、良いものがあったと思います。

|

« 愛国心 | トップページ | 記念行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167984/4539681

この記事へのトラックバック一覧です: 改革:

» タウンミーティングのやらせ [鳥取のメロウな日々]
タウンミーティングのやらせ問題の責任をとって、首相が3か月分の給与を国庫に返納するんだって。 首相の給与は、月額234万円。首相就任時に歳出削減のため30% [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 12時10分

« 愛国心 | トップページ | 記念行事 »